<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

ごめんなさい!
スタッフその1です。

長い間、放置してしまいましたしょんぼり
言い訳しません。
ごめんなさい。
楽しみにしてくださっていた方もおられたのに…本当にすみませんでした。

まずは、近況を報告します。

この夏は、事情があって、全国大会に参加しませんでした。
今年は、全国大会、いつですか?と聞いてくださった皆様、
すみませんでした。

そして、昨年から引き続いて、今年もTAOBODY Tシャツを作りました。
今年は套路名称を連ねた陳式太極拳の練習にもってこいの
Tシャツデザインが大変人気でした。
昨年のパンダTシャツも、引き続きご好評頂いています。
ありがとうございます!
パンダTシャツの新しいデザインのリクエストも頂きましたが、
それはしばらく待ってくださいね。

それから、私の個人的な近況ですが、
なんと!星
「整体」を勉強し始めました。
きっかけは、今年のはじめ頃にひどく体調を崩したことです。
朝、お布団から起き上がれなくなり、半日寝込み、
やっとの思いで身体を起こしても、
右腕が上がらないという事態になってしまったのです。
どうしてもはやく治さなくては!と、近くの整体に行きました。
そこで、運命の出会いをしてしまったわけです。

しばらく通ううちに、体調がどんどんよくなりました。
肩はもちろんのこと、長年悩んでいたことも、徐々に改善され始めました。
本当におどろきました。
「悩んでいたこと」と書きましたが、実は私自身は、
「これは身体の癖というか、持って生まれた自分の身体の特性だから、
治らないものだろう。うまくつきあっていくものなんだろうな。」
と思いこんでいたことでした。
それが、徐々に改善されていることに気付いたときは、心底感動しました。
「身体」について、もっと知りたいと思うようになりました。

でも、その技術を身につけるほどのめりこむとは思ってもみませんでした。
習い始めたのは、整体の先生に勧められたからなのですが、実のところ、
「習いたいな!もっと知りたい!」が半分、
「あれよあれよといううちに、こんなことになっちゃった!」が半分です。

あれこれ「忙しい。」「いつ通うんだろう。」「私に覚えられるのかしら。」
なんて考えてる間もないくらい、あっという間に習い始めたのも、
良かったのかもしれません。

整体を学び始めると、素晴らしい副産物がありました。
整体の先生との出会いもそうですが、
太極拳に通じる発見もたくさんありました。
整体の先生が、武道を学んでおられた方だということもあり、
理解を深めるために話してくださることが、
武術につながることが多いことも、発見につながっているのだと思います。

発見といっても、自分がこれまで知らないことが多すぎた、というだけの、
たいしたことのないものかもしれませんが汗汗汗汗汗
これからは、この発見もブログにも書いていきたいと思います!

ということで、ひとまず近況報告でした鳥
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(3) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
円を描く
はーい、そういうわけでしてね、
頑張っていかなあかんな、言うてるわけですけども。




裏山です。

気がつけば年は明けてるし、もう4月中旬だし、車検は切れるしで
もう大変です。

なんとなく、派遣切りにあったりしましてね、ちょっと暇になったわけです。
なので、久々にブログの更新でもグッド

さて、今回のタイトルは、

「円を描く」

なんですが、太極拳の動作の話ではないです。

僕の教室の人はけっこう知ってると思いますが、
僕がよく話すことに、

「ホワイトボードに黒いマジックで白い円を描くように太極拳を覚える」

というものがあります。

ちょっと考えてみてくださいひらめきひらめき















どうでしょうか?

答えは、

「丸く残して後を黒で塗りつぶす」

です。

で、これがなぜ太極拳かというと・・・。

太極拳の動作は、けっこう曖昧です。
(うちの場合)始点と終点は大体明確に決まってますが、
路線はけっこう人ぞれぞれ。

そりゃそうです。

僕みたいに足が長いと払った時に描く弧もでかくなるというもの。

はい、嘘です。

ごめんなさい。

まあ、考えてもらえば分かるんですが、手の長さが違ったり、
足の長さが違ったりすれば、見た目も若干変わってくるはずです。
表演用だと、規格を揃えないといけないので、この辺を曖昧にするわけにもいかず、
けっこう細かく決まっているのでしょう(実際は知りません)。

けれど、伝統はあんまりそんな細かいことを言いません。
では、どうやって伝統は練習し、理解するのか?

たびたび言ってますが、


「伝統は理が命」グー


芸能人の歯みたいなもんです。


「理にかなってない動作(路線)を排除し、残ったところが自ずと正しい」

わけです。

なので、練習に際しては、

「ただ弧を描けばいい。 円運動であればいい」

にならず、

「どういう弧を描けばいいのか?」
「どんな円運動(厳密には球体運動)を行えばいいのか?」

に気をつけると、自分の太極拳を見つけられると思います。

ではではパーパー
       
| motoaki | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(2) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
今年ももう12月…
あっという間に、今年も12月になってしましました。
このブログもかなり長い間放置しっぱなしになってしまい、
みなさんにもすっかり忘れ去られていても仕方ないです…(本当にスミマセン;)。

4月から大幅に生活リズムが変わったため、練習もままならなくなり、
本当にここのところ慢性の練習不足です。
去年までは週に2〜3回練習に参加していたのですが、
今年は2週間に1回ぐらいのペースがやっと…。
忙しいことを言い訳に、自主練習もほとんどしてませんでした。

最近、私は表演用にコンパクトにまとめた套路の練習をしています。
諸事情で、これを練習してます。
(とても人に見せられる状態ではないので、ここにつっこまないように。)

何度も繰り返して、流れを覚えるように言われていたので、
どうにか覚えて、ようやく先生に見ていただきました。

一通り終わったとき、先生を振り返ると、微妙な表情で無言…。
「あの、先生…、終わったんですが。」
(こういうとき、何も言ってもらえないとかなり焦る。)

しばらくの沈黙の後、
「何と言っていいかわかりません。」
と言われてしまいました。

うっ。

まぁ、要するに、どこから何を言っていいかわからない状態だったということです。
本当にひどいんだろうなぁ…反省・反省・反省。
練習不足というより、運動不足な状態にまで自分を放置してしまっていたわけです。

ノーコメントの後、しばらく考え込んだいた先生は、
こんな私に、ぽつりぽつりとアドバイスをしてくださいました。

ごめんなさい、先生。

あれから、2週間。
一つ一つを丁寧におさらいする段階になんとか入ることができました。
これからも、こんな私を見捨てず、よろしくお願いします。
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(1) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
月刊「秘伝」に掲載されました!
スタッフその1です。

全国大会が終了しました。
今年、先生は陳式太極拳の部に出場され、
採点基準となる一組目で落ち着いた演武を披露されました。
(今年の成績は12位でした。)
スタッフは、今年は諸事情で先生に同行できなかったので、詳しく報告できないです…。

先生は、東京で様々な方と交流することができ、
充実した4日間を過ごすことができたようです。

さて、交流させていただいた方には、
「秘伝、みました。」
「記事、読みましたよ。」
「雑誌買いました。」
と皆さんに言っていただいたそうです。

皆さんに、覚えていただいたり、声をかけていただき、
先生もとても嬉しそうでした。

まだ、みておられない方は、是非見てくださいね。

月刊「秘伝」
http://www.bab.co.jp/hiden/new/index.html
(この記事の下から2つめに載っています。)
-------------------------------------------------------
陳式太極拳・北京近郊伝人の長老
馬虹伝 ''功夫架'' の要諦

拳を伝えた陳発科。
その子息でさらに陳氏太極拳の名声を不動のものとした陳照奎。
その流れを汲む伝人である馬虹老師は、「功夫架」とも呼ばれる
独特の低い架式と多彩な実戦用法で、特にその存在を知られている。

今回、そんな馬虹老師の元で、
日本人唯一の拝師門徒となった裏山元紹師に、
その出会いから貴重な技芸の特色について寄稿いただいた。(掲載記事より)
-------------------------------------------------------


先生は、この記事や雑誌について声をかけられたら、
照れくさそうにこういわれます。
「いえ、雑誌買ってもらっても、僕には全然お金入らないんで。」

でも、一人でも多くの方に、馬虹先生のことを知っていただけたら、
本当に嬉しいのです。
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(2) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
TAOBODYオリジナルTシャツのご案内!
みなさん、お久しぶりです。

遅れていた商品の発送も全て皆様にお届けすることができ、
工房スタッフ一同ほっとしております。
今後は商品発送遅延となることのないように、
できる限りのことをしていこうと、現在調整中です。
予約販売開始まで、今暫くお待ち下さい。

さて、これまでに何度も夏が近くなると、
「太極拳の練習にぴったりのTシャツはありませんか?」
「Tシャツの販売もしてもらえたら…。」
と問い合わせやご意見を頂いていたことを受け、

TAOBODYオリジナルTシャツ

の販売を行うこととなりました。

販売は東洋身体工房ではなく、
「UPSOLD」というオリジナルグッズ販売専門のサイト内の、
「TAOBODYオリジナルデザインショップ」のコーナーにて販売しております。
こちらは、日本製の商品で、注文後に印刷するため、
注文後5日〜15日営業日内にお届けするようになっています。

是非こちらのサイトをご覧下さい!
↓↓↓↓↓
TAOBODYオリジナルTシャツ
http://goods.upsold.com/taobody

参考までに、用意した2つのブランドの説明といくつかの画像を乗せておきます!!

TAOBODY
太極図の白と黒や、太極拳の動きである円やらせんをモチーフにしたデザインで、
太極拳ライフをより美しいものにしたいというコンセプトです。
教室ではお馴染みファーストデザイン  ピンクな可愛い太極図はいかが?  鮮やかなグリーンも人気です!


TAOBODY_PANDA
太極拳と言えば中国。中国と言えばパンダ!?
その可愛らしいパンダと太極図のコントラストをモチーフとした
遊び心をくすぐるキュートなデザインです。
男性にも人気のパンダ柄です。  ラブラブなパンダが可愛い!  七分袖も人気です。

それぞれのデザインは、
サイト内で自分で選んだ色々な色やスタイルのTシャツに
プリントすることができます。

東洋身体研究室の太極拳教室では、大人っぽい柄よりも、
キュートなパンダ柄が大人気です。
今、教室は男性もかわいいパンダTシャツで練習する
不思議な空気でいっぱいな感じになっていますラブラブラブ

みなさんも是非、この夏にぴったりのTシャツをセレクトして下さいね!
       
| fumiko | 工房顛末記〜店長日記 | comments(0) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ