<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
東洋身体工房
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
みんなで育ててあげてね
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 2009 新作Tシャツサイト! | main | では、どうやって動かすか >>
知らなかったんです・・・ホント
スタッフその1です。

ということで、整体を学び始めてから知った、
私のつたない気付きを書いていきたいと思います。
ほんとにちっぽけな…いや、
私の無知が招いた恥ずかしい発見なので、お恥ずかしいのですが、
一番私が「これはないだろう、自分。」と思った発見から
書いていきたいと思います(笑)。

太極拳を学んでいると、腰とか骨盤とか股関節とか、
ああして、こうして、こうやってってことがよくあります。(←大雑把すぎ!?)
確かに腰は身体の要。
でも、なかなか意識が及ばないんです。
正直、
「骨盤がどうのこうのって言われても、この大きな骨の固まりをどうしろっていうの!」
という思いが胸の底に渦巻いていましたショック
ええ、ずっとそう思っていたんです。

でも、それが大きな誤りだったということに気付いたのは、
整体で人体の骨の構造を学んでいたときのことです。

ふーん、人体の骨の名称ね。なるほど、図と対応させて、ええと・・・。
ん?骨盤って・・・いくつかの骨が組み合わさっているんだ・・・し、しかも、

関節がある!!!

私にとっては衝撃的な発見でした(笑)。

だから、開いたり閉じたりできるし、コントロールもできるんだ。
あぁ、そうなんだ。
そうなんだ。(ものすごく納得)

無知というのは恐ろしい…冷や汗
しかも、知らないと言うことで、行動がこんなにも制限されるんだ…
と気付いた瞬間でした。
骨盤という1つの言葉でくくられていたこともあり、構造も知らずに、
そんなのできないよね〜。骨なんだし〜。と思って練習してきたわけです。
あったりまえにおかしな動きになっていたわけです。

もー、スタッフその1さん、そんなことも知らなかったの?
というみなさんの心のつぶやきを感じつつ、
一応、いちおう、関節を図で示したいと思います。

downdowndownここですdowndowndown

これが骨盤の関節だっ!

ちなみに、教室でこのことを長年の仲間にポロッともらすと、
「えええええっ、知らずに太極拳してたの?・・・何年目だっけ?」
ごめんなさい悲しい
もう足かけ6年です。

さらに、先生に反省を込めて、このことを話すと、
「あぁ、そういう人多いですよね。・・・あなたもだったんですか。」
ごめんなさい悲しい悲しい
色々今まで詳しく説明して下さっていたのに…
全く理解できてなかったんです。本当にごめんなさい。

読んで下さったみなさん。
呆れかえりながらも読んで下さってありがとうございました悲しい悲しい悲しい
       
| fumiko | スタッフその1の整体がんばるぞ! | comments(2) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
m (2009/09/01 5:30 PM)
いやあ、知らなければ知らないですよね>仙腸関節。
(呆れてませんので、ご安心を!(=゚ω゚=) )
そこは以前は「不動関節」として教科書に載ってたらしいです。
可動域が狭いですからねー。動かせない人もいますし。
西洋医学では、臨床的にあまり重視されてこなかったかも。

本当に、新鮮な発見でしたね!
太極拳の動きが格段にアップしたのではないでしょうか。

更なる、スタッフその1さんの気づきレポート、
すごく楽しみにしてまーーーす!!
スタッフその1 (2009/09/01 11:35 PM)
>mさん
コメントありがとうございます。
「不動関節」という言葉を初めて知ったので、調べてみると…
仙腸関節に関わるサイトがたくさんヒットしたので、
色々と読むことで、さらに興味が沸いてきました。
知らないことが多いということは、
新たに知ることが多いということで、
すごく楽しいことなんですねっ!
(やたらポジティブ!!(〃'∇'〃)ゝ)
頑張りますっ!