<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 行ってきました! 尹式八卦掌講習会 | main | 東洋身体工房からの重要なお知らせ >>
テキストを作ろう♪
裏山です。

突然ですが、皆さんは太極拳のテキストってどうしてますか?

「どう」と言われても答えようがないですよね汗

書店に行って買ってますか?

大きな教室ですと上位団体が独自に造ったものを販売されているかも知れません。

では、自分で作っている、という方はいますか?









たぶん、いないか、いてもかなり少ないと思います。
太極拳人口全体から言えば、たぶん1割程度いればいいんじゃないかと思います悲しい

しかし、

ここだけの話(をウェブでしても…)ですが、あるグループではテキスト自作率が、
実に9割を超えているんです!!

これって、太極拳界の現状からすればすごいことですよね拍手

実はこれ、うちのグループの話なんです(笑)

自作のテキスト、というのは、僕の師父が常におっしゃっておられる、
メモノートのことです。

以前に書いているか判りませんが、
このメモノートはパソコンのファイルのように

「上書き保存」してはダメです!

どういう事かというと、書けば書くほど、
自分の問題点を浮き彫りにすることができるからです。

何度も注意されたことは何度も書く。
そして何度も読み返す。

これがかなり重要です。

ただ、メモノートにも難点が一つあります。

それは何かというと、

「実践編ばかりで理論編が少ない(もしくは無い)」


ということです。

まあ、仕方ないといえば仕方ありません。
そこまで解説していると練習時間がいくらあっても先に進めません。
重要なことはまずは動作を順序として覚えることですから。

けれど、

 ○ 動作もしっかり覚えた
 ○ 低い姿勢を維持する筋力もついた

にもかかわらずしっくりいかない

そんな仲間のために、今回、達人クラスの怠け心に鞭打って、
テキストを作っています。
なおかつ興味のある方にはお分け致します。

『「理論」あっての「実践」』を行うためのテキストです。

完成はもう少し先になりますが、ちょっと自信ありますグッド

この公開にはずいぶん悩みましたしょんぼり

というのも、かなり微妙な身体感覚を扱っているため、
独習は無理なのではないか、と考えているからです。
けれど、圧倒的に有効な方法論。

意を決して、まだ見ぬ仲間の知恵と熱意を信じて公開することにしました。

タイトルは、

「骨盤を回せば太極拳はしっくり来る(仮)」

です(うわ、そのまんま…悲しい)。

2008年一押しです!!
(つまり、あとは怠ける、と…)
       
| motoaki | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(0) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ