<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 暑いですね〜 | main | 怪しい練習 >>
無限ループ
スタッフその1です。

ようやく私も一路の終わりにさしかかりました!
暑い中頑張った甲斐がありました。
と言っても、まだ一巡目なので、まだまだ型をなぞるだけの状態ですが…。

陳式一路83式のうち、現在77式の単鞭まで進みました!

後6式だっ。

とはやる心を静めながら練習をしています。

ところが…大変困ったことに、このところ暑いせいもあってか、
練習が「無限ループ」に入ってしまって抜け出せなくなることが…。

というのは…一路の後半はこれまでに学んだ型のパーツがちりばめられたり、
時にはかたまって繰り返される部分があるのです。
なので、ふと気を抜くと、
「あれ、なんか向きがおかしいぞ。」
とか
「あれ、なんでまたここをやってるの?」
とかいうことになってしまいます。

特に単鞭が何度となく節目節目にあるので、その後の部分が大変危険です!

私の場合は、自分には2カ所ほどその無限ループの入り口がある、
ということをここ何回かの練習で発見することができました。

しかし、わかっていても、長い一路を学んだところまで通しているときに、
ずっと気持ちに緊張感を持ち続けることが…暑さのせいか(ちょっと言い訳)
…ちょっと厳しい。

練習の後、長く学んでいる方に愚痴をこぼすと、

「ある、ある。」
「わかる、わかる。」

と同意してもらったので、あぁみんなそういう経験を経ているんだなぁと思ってちょっと安心、
と思っていたら…

先生までも…

「ありますよ。私は玉女穿梭(第54式)をよくとばしていましたよ。」

と爆弾発言!

ええっ!!

しかも

「師父との練習中にもとばしてしまったことがありますよ。
 しかも師父も気がつかなくて、ちょっとたってから、
 なんだかおかしいなぁと思い始めて、
 そこで、玉女穿梭だ!と気づいて、
 すみません、抜かしてました、とやり直したことがありますよ。」

とおもしろエピソードまで話してくださいました。

といっても、先生のすっとばす玉女穿梭と違って、
私の無限ループはまだまだ馴染んでないからだと自覚しています。

7日からまた中国に先生が研修に行かれたのですが、
先生のおられない10日間。
まずは無限ループ打破をめざして頑張ります!
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(3) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
ぷぷ (2007/09/12 10:23 AM)
お久しぶりです。88式なんてすごいなあ。24は覚えましたが先生の動きのように美しくながれるような太極拳ができるよう、練習中です。
無限ループかあ・・・太極拳て完成しても抜けれない無限ループのようですよね。奥、深すぎ。スポーツクラブの太極拳も先生がいい方で楽しいのですが道場ではないので限界があります。そろそろ道場を探そうとおもっているのですが横浜でどこかいいところご存知ですか?
裏山 (2007/09/18 7:34 PM)
いつも練拳閑話をご覧頂き、ありがとうございます。
僕は、今年も10日ほど師父のところに研修に行き、
一昨日帰国したばかりです。

無限ループ・・・おそらくぷぷさんがおっしゃっておられるのは、
およそどのような学習にも起こりえるたぐいの「ループ」で、
スタッフ1の言っているのは、

単に順番が覚え切れていないだけ

の「ループ」です・・・

僕の

「がっつり抜かす 玉女穿梭」

も、まあ似たようなものでした。

関西方面にはたくさん教室・道場はありますが、
どういった方向で学びたいのか、でずいぶん変わってきます。
知り合いもいますが、ブログで個人名を出すのもどうかと思いますので、
もし、習われたいようであれば、当方のHPからメールいただければ、
ご紹介できるかもしれません。

これからも当ブログをよろしくお願い致します。
ぷぷ (2007/09/20 8:20 PM)
裏山先生、帰国なされたばかりなのに直々に返信頂きありがとうございます。
幸い、スポーツクラブの私の先生がこころあたりの先生を紹介してくださることになりました。
このブログを通じてしか存じ上げない裏山先生やその1さんにはげまされているような気がしてとても嬉しいです。
 こちらこそヨロシクお願いいたします。