<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
東洋身体工房
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
みんなで育ててあげてね
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 地力をつける | main | 暑いですね〜 >>
出船の位置に
スタッフその1です。

先日、あるエッセイを読み、ちょっと心を動かされたので、
今日はそのことを書いてみようと思います。

ご存じの方も多いかも知れません。
恥ずかしながら、私は知らなかったので…。

「出船の位置に」というタイトルのそのエッセイ。
水産学校で教鞭をとられていた方が、30年ぶりに再会した
初めての教え子達との様子を書いておられました。

この言葉を読んで、想像が全くつかなかったのですが、
この言葉には続きがあります。

「出船の位置に靴を揃える」

つまり、これは、玄関先で靴を脱いだときに、
すぐに出発できる方向でつま先を揃えておく、という意味です。
それは、小さいときに、私も母親から口うるさく言われていたことです。

私はそれを、これを読むまで、靴を揃えるということは、
単なるマナーの一つだと思っていました。
いろんな日本文化のしきたりの中の
「きちんと揃える」という日本的な美学みたいなものだと思っていました。

ところが、これにはとても深い意味があったのです。
「出船の位置」というのは、
「もとは、船を港に停めるときに、先頭を出船の位置に停めること。
 船をその向きで停めることは、時間がかかることだが、
 それは、何かあったときに、エンジンをかけさえすれば、
 すぐに出動できるように、という意図がある。」
ということだったのでした。


ハッとしました。



こんな深い意味があるんだなぁと。
小さなことの中にも、自分が見過ごしてきたことが、
たくさんあるのかもしれないな。
という気持ちになりましたハート

それは、靴を揃えましょうというマナーではなく、
いつ何時、何があっても良いようにという、
日々の心構えであり、人の生き方であり、
その心構えが形として表れている
小さな小さな生活のワンシーンだったわけです。

そして、靴を脱ぐたびに、靴を揃えるたびに、
この言葉とこの心構えを確認するわけです。

これからの私の生活においても、
靴を脱ぐたびに、靴を揃えるたびに、
「全ての行動は自分の生き方の表れだ。」
ときっと思い出すことになると思います。
その小さな日々の積み重ねが自分を作るんだなぁと思います。

そして、いつものように、先生にこの話をしてみました。
先生は、どう思われるかしら。

先生は、
「そうです。いつ何時でも戦えるようにしておくんです。
 それが、武術なのです。
  “常在戦場”という言葉を知っていますか。」
といつになく息巻いておられましたぶー

なんかちょっと違うような…。
でも先生らしい…ですおはな
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(3) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
ぷぷ (2007/07/03 5:27 PM)
その1さん、私もこの言葉には心を動かされました。毎日あたりまえのようにパターン化してこなしている家事や仕事もこのような心構えで望むといい仕事ができそうです。武術家の先生ならば皆裏山先生のようにおっしゃるでしょうね。
 常に何かに備える心構えがあれば慌てないし失敗も少ないと思います。
 茶道で利休の教えを詠んだ七つの俳句のようなものがあり、私はいつもそれを自分のテーマとしているのでご紹介しますね。
 茶は服のよきようにたて(ご存知かもしれませんが茶道でお茶を一杯といわず一服といいます。)炭は湯の沸くように置き、花は野にあるように、さて夏は涼しく冬暖かに、刻限は早めに、降らずとも雨の用意。簡単な言葉ですが一服のおいしいお茶を点てるための精神がここに凝縮されていると思います。
 その1さんが裏山先生にお話するように、私が利休と話しができるならこの七首に「出船の位置に草履を揃える」を加えましょうと言うのにな。
スタッフその1 (2007/07/04 8:50 PM)
こんにちは、ぷぷさん。
利休の教えを読んで、なるほどと思いました。
心のゆとり…それは時間的なものであったり、
相手を思うことであったり、
季節を感じることであったり、
そういうものが、一服の美味しいお茶につながるのですね。
このようにありたいものです。
つい、あくせくしてしまう、自分にちょっと反省です。
ぷぷ (2007/07/12 8:48 PM)
その1さん、広島も台風の影響がでていますか?私は横浜ですがゲリラ雨、晴れ、蒸し暑い・・・とすでに夏バテしそうです。
 太極拳をかじり始めて半年ほどたちなんとか簡化24式の形はわかり始めました。でもでもぐらついたり、いつのまにか注意が散漫になっていて自己流になっていたりとなんかモヤモヤたまってきてどんな練習がいいかも模索中です。スポーツクラブなので太極拳の先生は常駐していないし鏡が必要なので一人で練習しているとマッチョなお兄さん達の邪魔になるし・・・家でやると鏡がないし家具にぶちあたるし・・・まあ、あせらずにやりますが何かアドバイスがあればくださいね。