<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
東洋身体工房
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
みんなで育ててあげてね
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 一人一人に適切な… | main | どうしても直らない; >>
推手Day
スタッフその1です。

第5週に練習日がある場合は、推手の練習を中心に行います。

という予告通り、先日の練習は推手祭りでした^^。
推手は単推手(平円と立円)と双推手を一通りやりました。

相手の力の動きの変化を読み取って、相手の動きたい方向を遮らず、
それを利用して…ということを再三言われながら、練習をしたのですが、
これに気を付ければ、これがまるで駄目…の繰り返しでした。

私は、特に「相手の力を読み取る」ことに気を付けて練習しました。

「相手の力を読み取る」ことは、
人と接しないとわからないので、推手でしか練習できないことです。
接しているポイントから相手の力を感じ取るわけです。

しかし、相手の動きに遅れまいと、
逆に先まわりして動きを導くようにしてしまっていたり、
動きを読み取ることに気持ちを入れすぎて、
相手をちゃんと押してあげてなかったりと、
なかなか思うようにはいかないものですね。

じっくり2時間の練習はとても濃く、汗だくになりました。

いつもの練習では推手に30分ぐらいしか時間がとれないので、
ここまで時間をとって練習したのは初めてという人も多かったようです。

「終わります〜。」の先生のかけ声に「ありがとうございました〜」と反応しつつ、
その後で型をちょっとやってみたり練習を続けている人も多かったです。
昨日は、練習の後の充実感を覚えつつ、
でもまだもっと練習をしたいなぁという気持ちになるような、
そんな練習でした。

私も、もっと練習したいなぁ〜ラブ
       
| fumiko | 推手〜ただいま勉強中です | comments(0) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ