<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< ねじねじ推手 | main | 仰之則彌高、俯之則彌深 >>
3個の点と100個の点
スタッフその1です。

先日、学生時代の友人と久しぶりに食事に出かけました。

彼女は今、医療センターで働いていて、リハビリの担当をしています。
彼女は、これまで、医療設備もリハビリスタッフも最先端の
都心の病院で勤務していたのですが、
この春、事情があって、広島の実家のほど近くの病院に職場を変えたのです。
久しぶりに会って、懐かしい話もひとしきり。
お酒も入って、かなり楽しく盛り上がりました。
そして、話は新しい職場であるセンターでのリハビリのことになりました。
新しい職場のシステムにどうしても彼女は納得ができない様子でした。

「リハビリをするために必要な道があるとしたら、
 私はリハビリで100個の点をたどるように教えていきたいのに、
 今の病院はそれを3個の点で示せというの。」


と彼女はとても、悲しそうでした悲しい

これまで勤務していた病院は、スタッフも多く、
100個の点をたどるように指導することができていたんだそうです。
今の病院は、田舎の大病院で、専門スタッフをおくことも彼女が初めて。
部屋すらまだない状態なんだそうです。
という現状なのに、彼女一人で担当する患者さんは現在200名。
とにかく早く回転させるように、と上から言われ、
100個の点をたどるような指導では、回転が追い付かないから、
3個の点で指導しろというのです。

3個の点で示しても、できる患者さんにはできるんだそうです。
残り97個の本来は通過しなくてはならない点も、患者さんによっては
なんとなくうまくこつを掴んで通過できることがあるんだそうです。


でも、ほとんどの患者さんは3個の点でしか指導されないわけですから、
3個の点で示したことしかできないのです。

それは当然のことです。


たった3個の点でしか示されず、
その3個でリハビリの全てを理解することを求められるわけですから、
残りの97個分は、患者さん自信が、
どうしてうまくできないんだろう…と苦しまなくてはならないわけです。


さらに、困ったことに3個の点で満足してしまう人もいるんだそうです。


彼女は嘆いていました。
「私は、100個の点が示せるところで働きたい。そう思っている。
 でも、人間は現状に慣れていってしまう生き物だから、
 私も、今は納得できないと思っていても、そのうち毎日の忙しさにかまけて、
 3個の点を示す指導に慣れきってしまうかも知れない。
 それがとても怖い。」

私は心の中で、太極拳のことを考えていました。
先生のきめ細かく厳しい指導と同じだ…と感じていました。
100個の点で示してくれていることを、私は受け止められているだろうか。
97個の点を受け止められず、3個の点を通過するようにしか、
なぞっていないかもしれない。

彼女の真摯な言葉と、先生の真摯な指導がだぶって、
先生の日々悩まれていることに少し触れることができたような気がして…。

3個の点と100個の点。
同じものなのです。
示している経路は同じ。でも…。

そして自分で、100個の点を、3個の点にしないように…。
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(2) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
run (2007/06/01 12:16 PM)
こんにちは。
いつも楽しみにお邪魔しています。
(ずっと読むだけで何も書かずにごめんなさい)

スタッフその1さんとお友達の このお話を読んでから1ヶ月。
時々思い出して反芻しています。
一方ではお友達のつらさを想いながらも 
お二人の思慮の深さとあたたかさに
心が癒される思いがして。。。それをお伝えしたく
初めて足跡を残すことにしました。

そしてまた
スタッフその1さんがよき師にめぐまれたこと
裏山先生もよき教え子さんにめぐまれていらっしゃることを感じ
一度もお目にかかったことがないのに
自分のことのように嬉しく思っています。

裏山先生 スタッフその1さん
これからもたのしみに覗きにきます。
スタッフその1 (2007/06/01 10:39 PM)
runさん、はじめまして、こんにちは。
コメントありがとうございます。
つたない私の文章ですが、彼女の気持ちや先生の思いが伝わって嬉しいです。
コメントやメールで感想をいただくことは、とても励みになります。
日々の気付きが、太極拳と結びついていることの多さを感じる毎日なのですが、なかなか文章にするのは難しい…。
これからも頑張って更新します。
よろしくお願いします。