<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
東洋身体工房
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
みんなで育ててあげてね
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< PROMISE 無極 | main | 偶然ではなく >>
1日1千回
スタッフその1です。

みなさん、推手の練習に励んでおられますか?
私も少しずつですが、練習を進めています。
しばらく、ひたすら平円を「正しく」できるように延々と練習!

練習をしていて、気になるのは、「正しく」できているかどうかです。
ぐるぐるひたすら回すわけですが、
間違ったことを繰り返しているのではないかと、とても気になります冷や汗
おそらく、みなさんも同じ気持ちではないですか?

教えて頂いて、なんとなくつかんでいたような気がしていたのに、
相手が代わると、
その直前までわかってきた気がしていたことも、全くできなくなったような
そういう感覚に陥ったり…
繰り返し、注意を受けても、どうしても直せない部分があって、
つまりそれは、身体に染みついてしまった頑固な体癖であって、
気長に直していくしかないとわかっていても、
できない自分に腹が立ってしまったり…

代表がふと言われた

「張先生(最初に代表が陳式を教えて頂いていた先生です。)が、

 『1日1千回まわせ』

 と言われていましたよ。」


というお言葉。

『1日1千回』ですか…。

まさにローマは1日にしてならず…ですね。

確かに、間違っていることを繰り返しているとしたら、
それは良くないことでしょう。
しかし、人は比較でしか物事を判断できないことも事実です。
正しいことを学ぶために、
間違っていることを知ることも大事なことかも知れません。
「いつかは達人!」になる(!?)ために必要なことは、
全てのことから学ぶ姿勢と心なのかもしれません。

代表は、こうも言われました。

「無心になって回して続け、

 どうにもこうにも力が抜けるほど回し続けて、

 そんなある瞬間に、

 ふと『あ、今の感じなんだろう?』という感覚に

 たどり着くものですよ。

 その瞬間は必ずきますから。」



う〜ん。
私は、まだまだ回しようが足りないようです鳥
       
| fumiko | 推手〜ただいま勉強中です | comments(0) | - |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ