<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< SPIRIT | main | パソコントラブル大発生 >>
青春拳法開眼小説 カンフーガール
スタッフその1です。

「おもしろいですよ〜。これ、娯楽小説ですが読書。」
と、代表にポンと渡された本がこれ、「青春拳法開眼小説 カンフーガール」。
本の帯には、「功夫のうんちく満載!」 と書かれていました。

読み出したら…面白い嬉しい

あ、しかし最初にお断りしますが、万人にお勧めできるような文章ではないです。
「最近の小説は文章になっていないからとても読めないわ。
 破滅的な文章でももてはやされてるのね。」と
言われる方と以前お話ししたことがあるので…。

…つまりいわゆる最近の「破壊的な文章タッチ」の小説です。

劇画のようなタッチの言葉、はちゃめちゃな文章で展開されるストーリー。
濃い〜〜〜〜〜〜〜〜〜ぃ登場人物。
それぞれの人物の語るマニアックなセリフ!?

ストーリーは…
主人公は、香港カンフー映画好きの女子高校生。
…中学時代は空手を学んでいた彼女に付いたあだ名は「空手暴力バカ女一代」…
ふとしたきっかけで近所のラーメン屋の中国人おやじに武式太極拳を学び始めます。
なんとこの師匠、おそるべき達人だったのですひらめき
基礎から太極拳を習い、更にその師匠のネットワークから気功の奥義を学びに出かけ…、
どんどんと…あれよあれよ…そんなのありか?という間に強くなっていくのです。
そしてひょんなことから女子異種格闘技大会に参加することになってしまい…
お遍路少年が恋の相手として登場したり、師匠には隠された過去の因縁があったり…
さてどうなる!?

と「ありえね〜」展開の小説です。

作者のうんちくが炸裂した登場人物のセリフはあまりにも専門用語が多く、
頭が????となることもありましたが、
どんどんと面白いように強くなる主人公の女子高校生とその妄想に巻き込まれ、
展開の速さに引きずられるように読み終えました。

これ、たぶん、マンガとか、視覚的にわかりやすい映画とか…にしたら、
もっと大衆受けしそう。
周 星馳のカンフーハッスルのようなノリでバンバンCG使いまくって、やって欲しいなぁ。

ところで…

よく「太極拳って闘えるんですかぁ???
と質問されますが、もう面倒くさいので、今度から「これ読んで。」と、
間違ってはいないかもしれないけど、誤解を多大に生みそうなこの本を手渡すってのも
いいなかなぁと、にんまりしました。

代表に話すと、
「いや、面白いですが、それはちょっと…。これは単なる物語ですから。」
…やはりイヒヒ
       
| fumiko | 閑話〜まあ雑記みたいなもんです | comments(1) | trackbacks(0) |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
上達したいなあ (2006/10/24 11:54 AM)
裏山先生、スタッフその1さん こんにちは。
ご無沙汰しております。

先月、中国に行って参りました。
ほとんど観光出来ませんで、3泊4日の間ずっと太極拳でした。
朝から晩まで太極拳関係の行動で、世の中になんと太極拳馬鹿(失礼!)の多いことかと驚きました。
私以外の方は中国は初めてではありませんので観光は不用なのかもしれませんが、私としてはせめて万里の長城ぐらいは行ってみたかったです。
普通の観光客の入れない中国人民大会堂に入れたのは良い思い出になりましたが。
お二人もきっと中国で観光なんかされないんでしょうねぇ・・・・。

最近、センセから「変な癖がついてしまっている・・・」と良くしかられます。
自分ではすくすくと素直に成長しているつもりなのですが、センセは気に入らないようで、練習中の指導がめちゃくちゃ厳しくなっています。
初心者である今の内に正しく直していただこうと頑張っています。

非日常のお話、とても興味深いです。
普段とは別の指導員に「普通に歩くときのようになんにも意識しないで上歩しなさい」と指導されたことがありまして、それ以来「なぜ普段の生活で前に歩くときはぐらつかないのに太極拳ではぐらつくのだろう????」と悩んでおりました。
裏山先生のお話を読ませていただいてほっとしました。
太極拳での動きが普段の生活と同じ訳がないですよね。
考えてみますと普段の生活の背伸びやあくび一つとってみても、太極拳であくびをしようとすれば沈肩墜肘であくびをしなければいけないことになります。
そんな中途半端なあくびでは目が覚めませんよね。
これからの太極拳の練習では普段の生活と同じ動き無理に当てはめようとせずに太極拳独特の動きを会得していくことを目指していこうと思います。

先日ご指摘いただいた「足の裏の陰陽」について教えて下さい。
足の裏に「陰」の部分と「陽」の部分を作る・・・という意味でしょうか?(どうやって??)
あるいは足の裏と甲の部分で陰と陽を作るのでしょうか?
「およそあらゆる動作において陰陽を意識して理解して動く」というのは筋肉の伸びている部分と縮んでいる部分を意識する・・・ということでしょうか。腕の筋肉の二頭筋と三頭筋のようにどっちかが伸びていれば反対側は縮んでいるというような。

広島まで飛んでいって教えていただきたいのですがなかなかそれもかないません。

忘年会のお誘い。どうもありがとうございます。
あいにくその日は太極拳検定2級の試験日になっておりまして参加させていただけそうにありません。
せっかくですのにとても残念です。
来年には是非遊びに行かせていただきます。


ところでカンフーガール。そんなにおもしろいんですか?
アマゾンのレビューでも評判いいですね。
ぜひ買って読んでみます。
長拳好きの僕のセンセにも紹介してみます。
(先日の国体で2位になったのでさらに張り切っておられます。2位といっても3組中の2位ですが。)

ではまたヾ(* ̄▽ ̄*)









url: トラックバック機能は終了しました。