<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 靴が滑りやすい? | main | リニューアルしました >>
フラワーフェスティバル
裏山です。

今日、広島平和公園で、フラワーフェスティバルのイベントの一環として、僕の先生のグループ、蟷螂拳のグループと一緒に表演会をしました。

僕のところからは、特に頼んであって子どもたちを出させて頂きました。
もちろん、交換条件で、僕も出ましたが・・・。

       じつは先週の土曜日に地元・呉の祭りでもやったのですが、
みんな、以前に表演したときよりも観客が多かったため、大緊張。
泣きそうになって舞台を降りる子もいました。

やはりこういう場面では、いかに普段、自信を持って練習をしているか、と言うことと、場数を踏む、と言うことが重要になります。

一週間の間に二回もこういう舞台に立てたことが、子どもたちに何か考えさせられれば、それでよしとしましょう。



始まりは、急遽、直前にタイミングを変えたため、どこまでやってそろえるのかわからなくなったようです。
実は、自信満々そうにやってる女の子二人が遅れてます・・・
男の子は、何をやらせてもぱっと覚えてしまいます。
後はそれをどれだけ反復できるか、ですね。



思い切ってジャンプし、一回転して棍を振り出すところ。
一番正面の子は、一番回転が苦手だったけど、このところコツをつかんだのか、どんどん上手になってきました。
上手になると、好きになるもので、旋風脚とかを喜んで練習しています。



身長は一番小さいですが、いつもよく頑張っています。
もしかしたら、一番武術が好きなのかな?
小さい体をしっかり大きく使えた、いい表演でした。



これは、僕です。
まあ、ナイスなタイミングでシャッターを切ったスタッフ1の苦労を買って、
掲載しました。
広島大会でやり、7月に全国大会でもやる予定の自選套路をやりました。



今回は二人参加できませんでしたが、みんなとてもよく頑張りました。
小さいからだと少ない人生経験の中で、100人以上の衆人環視の中で何かやる、というのは、とんでもないプレッシャーだと思います。

きっと、それぞれに何かを得られたんじゃないかと思います。

また、機会を見つけて、みんなで表演ができるといいなあ。
| motoaki | NEWS! | comments(2) | trackbacks(0) |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ
宮崎 良治 (2006/05/06 9:53 AM)
メール初めておくります。私は庄原市で太極拳を練習をしています。24式を主に行なって太極剣を始めました。
指導者がいないのでビデオを見て練習をしています。ぜひ1度見学させていただければと思っています。
urayama (2006/05/09 8:51 PM)
当ブログをご覧頂きありがとうございます。
見学に関しましては、直接メールさせて頂きましたので、ご確認下さい。
今後とも、当研究室及び練拳閑話をご愛顧の程、よろしくお願いいたします。









url: トラックバック機能は終了しました。