<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
自己紹介

馬虹師父に指導を仰ぐ筆者
    

東洋身体研究室
教室情報
カテゴリー
最近の記事はこちら
過去の記事はこちら
コメント
トラックバック
その他

<< 内容は無視してください(汗; | main | 「列」を巡る冒険〜その2 >>
「列」を巡る冒険〜その1
裏山です。

今回は真面目に、武術の話でもします。
(でも、て・・・汗

さて、タイトルにあるように、
連続で、ではないですが、
「列」についてこれまでいろいろ考えてきたことを
何回かに分けて書いていきたいと思います。

その1の今回は、「列」ってな〜に?、というところから
始めてみたいと思います。

       正確には、

れつ

と書きます。

これは、武術家が勝手に作って使っている字です。
とうぜん、日中どちらの辞書にも載っていません。

じゃあ、なんであるの??

作ったからですよ!拍手

(まあ、その苦労したのは、僕じゃなくてスタッフその1ですが・・・)

さて、この「列」、
(ここでは、こっちを使って書いていきます。いちいち画像は大変なので)
太極拳をしている者なら、当然知っているとおもいますが
八法の一つにして、四隅手の一つです。

さらに言うと、
五行の土に属し、西南を表し、丹田に対応し、脾経に属します。
八卦では、坤六段に当たります。


と、以上のようなことは知っていたのですが、
肝心の、「どんな技術なの?」という点について、
あれこれ文献をひっくり返しても、
いまいちわかったようなわからないような説明しか載ってません。

例えば、

「この勁は太極拳においてあまり使われない。(中略)しかしながら、この勁は実に重要である。学ぶ者は必ず知っておかねばならない。」

 といいながら、「こんな時に使うのよ〜」という例題が続き、あげくには、
「採した後、あるいは『履※』した後、腰腿の勁を用いて、手背で敵の頸部に向け斜めに打つ。」

 などと書いてあります。
 めっちゃ殴ってんじゃん!!悲しい
 (太極拳総合教程より引用)

「横に推す、または引く手法。斜め方向も含まれる。野馬分ソウの前の手は、列の用法を含む。その方式は採の手法と似ている。」

 (健康太極拳規範教程より引用)
 ???
 野馬分ソウを出してくれたおかげでわかりやすくなったような、かえってわかりにくくなったような・・・。
 えらい、上のと違うような・・・。

 上のに似ていますが、こんなのもあります。
「外に向けて横に推す、あるいは引く力を指し、太極拳推手においては、たびたび旋転によって相手の勁力の方向を変え横向きに推し、仰向けにひっくり返すように用いられる。」

 (太極拳辞典:北京体育大学出版社刊)

 日本における中国武術普及の立役者の一人松田隆智さんは、
「この方法は敵の攻撃してくる力を遮断するものである。」

 (秘伝陳家太極拳入門より引用)
と書かれてます。


 別に陳式に限った話ではないので、こんなのも。
「列は、掌を用いて相手を押しのけ、重心を失わせる、もしくは力の方向を変化、あるいは遮るものである。しかし、けして相手の腕を握ってひいてはならない。そうしてしまうと、列ではなくなり、相手に制御されてしまう」

 (孫子太極拳・剣:山西科学技術出版社刊)

 さらに有名どこから。
「朋※勁を捻り溜め、短距離から猛然と震わせるように弾き出す勁、これを列勁という。」

 (陳式太極拳:人民体育出版社刊)

 ええい、ついでに!!(失礼な・・・たらーっ
「列勁も採勁と同じで、斜角に向けての発勁である。列するときは、一方の手で相手の手首をつかみ、もう片方の手は相手の肘関節の外側にかけて、同時に肩をゆるめ、肘を沈め、相手の肘関節を押さえながら外纏して発勁する。」

 (陳式太極拳の真相解明より引用)

 最後。
「列は“はずみ車(フライホイール)のような(それに投げられたものが自分で飛んでいく)、または水の渦巻きのような(そこに入れば自然に巻き込まれる)ものです。この時は主として両腕に注意するのです。」

 (太極拳理論の要諦より引用)

 ああ、疲れた・・・

 こんなに似てるようで、違う見解が存在する技術、

いったい、正体は何なんでしょうか??


 とりあえずまとめてみると、

「列は、引っ張られたあげく殴られたり、猛然と推しとばされたり、運が悪いとその時に肘が極まってたりしながら、あまつさえ仰向けにして投げ飛ばされてしまうから、
気を付けろ!怒り(長井秀和風に)

 とそんな技術なんでしょうか??

 続く・・・(うわ汗
| motoaki | 拳論〜ちょっとまじめな太極拳解説 | comments(0) | trackbacks(0) |

記事がお役に立てたら、ぜひクリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログへ









url: トラックバック機能は終了しました。